「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2009年 2月25日

フルールが大人の階段を上り始めてからの一週間、
私は、夜な夜なサニタリーショーツ製作に勤しむ毎日。
どうしても窮屈なものを嫌がるフリーダムな彼女の身体を測り、型を作り、
やったこともない立体裁断をしてみたものの、

結局、"ふんどし"タイプ に納まってしまった。

タオルの端にヒモを付け、尻尾を入れる穴をあけた、ごく単純なもの。
人間のふんどしは背中側から前に回すけど、フルールのは逆。
それにしても、使い勝手の良さには感心してしまう。
足を通す必要もなく、
身体に合わせてゆったりと形を整えることができるので、納まりが良い。
なおかつ紐でしっかりと固定ができるので、ズレたりしない。
付けていても邪魔にならないようで、本人も違和感なく使っている様子。

ラクに装着でき、着心地はゆったり、でもズレない。
さらに洗いやすく、干しやすく乾きやすい。
素晴らしく申し分のないこのふんどし ですが、なにより、見た目が悪い・・・

これは、毎日の製作の中でもよく感じること。
使い勝手の良さと見た目の良さ、この両方を得ることは難しい。
ここでもうひとひねり、ふんばって考える。
"ふんどし"は"さらし"だから、手拭いの雰囲気や柄ならきっと合うはずだ!
というわけで、ようやく完成。
なにより、二次元を三次元にしてしまう、和の素晴らしい技には感動します。

c0133516_2212554.jpg
c0133516_22122880.jpg

[PR]
by flur266 | 2009-02-25 22:56

2009年 2月17日

昨夜、とうとう、とうとう、
フルールにヒートが来ました。

今週末に行われる実家の集まりには、
残念ながら参加できなくなってしまったけど、
このタイミングにはきっと意味があるのだろう。

今、もしも新たな生命が宿れば、生まれるのは二ヶ月先の春。
彼女の身体はこの質美での一年半の生活の中で、
子育てのしやすい季節を見計らっていたのかもしれません。
c0133516_2258010.jpg


昨年4月に姉妹や異母姉妹たちが順番にヒートになって、
あわてて用意をしたパンツが、ようやく活躍する日がやってきた。
ところが・・・・・
約一年間お蔵入りしていたパンツは予想通り小さく、履かせるのが一苦労。
あまりの嫌さに無抵抗のフルール、
なんとか苦労して履かせたとたん2階に上がり、
軽く助走をつけてベッドへ跳び乗り・デングリ返り・そして、落ちたー。
カッパを着せた時と同じ、これまた予想通りの結末に大笑い。

しかし、パンツが無理なのであれば
これからどうやってピークを迎えようか、悩むところである。。。
[PR]
by flur266 | 2009-02-17 23:52 | ☆☆☆☆☆

2009年 2月14日

最近、フィルムに収めることと同じくして始めたこと、
フルールをスケッチすること。
写真だと背景のことまで気になってしまうけど、
絵は自分の描きたいところだけ描くことができる。
大きく描いたり、小さく描いたり、構図は自由自在。
できれば1分くらいで描けるようになりたいのだけど、
なんだかんだ3〜5分くらいかかってしまう。
じぃ〜っと見つめられて、かといって遊んでくれない、
動くと「あぁぁ・・・」っと言われる、つまんないフルール。
というわけで、不服そうなカオ・態度のぶぅたれフルール、
もしくは寝ているフルールしか描くことができない。
上達するまでの道のりは険しく、まだまだ遠いのだ・・・。
c0133516_853265.jpg

[PR]
by flur266 | 2009-02-14 23:12

2009年 2月11日

朝から、小さいバニーズの置物をフルールに見せて遊んでいた。
自分が怪しい!と感じるものに対しては、
とことん引け腰・遠巻きに観察・威嚇・でも少し楽しそうにも見えるフルール。
おそらく目が光っていること(塗料のせいで)犬の形をしているのに動かない、
威嚇しても微動だにしないところが気に食わない様子。
吠える、吠える、鼻先にしわを寄せて、吠える。でも尻尾フリフリ。
引け腰なりに少しづつ距離を詰めてゆく勇敢な彼女、少し慣れたところで、
さらにフルールが三度の飯の次に大好きな"ヒモヒモ"をチビバニにかけてみる。
さすがにそれは譲れないフルール、引け腰なりに取り返しにいく。
c0133516_92438.jpg
フルールの迷惑も考えず、思う存分楽しんだその夕方・・・
同じ犬舎出身のカリンちゃんのご家族が近くをドライブしていたそうで、
ふらりと立ち寄って下さった。
カリン・現在7ヶ月・愛くるしい、お目めくりくりのパピー。
最近、フルールの小さな頃の写真を整理していた私たちは、
写真を眺めてはそのあまりの可愛さにため息を漏らし続けていた。
とにかく元気なカリン、あちこち走り、何にでも興味津々。
その愛くるしい素顔の裏側は!ギャング!だった事を思いだし、
動かぬ画面上で容姿の可愛さに翻弄されていた自分たちを甘いと思った。
そして改めて、フルールも落ち着いたのだと感じた。

一方、一日ニセモノのチビバニで遊ばれていたフルールには、
ホンモノのチビバニがやって来たラッキーな日だった。
1才8ヶ月を迎えたお姉ちゃんは、
家の中で7ヶ月のパピーに遊ぼうポーズをとっていた・・・。
まだまだハートはパピーに負けないらしい。
やっぱり、いつ大人になるのかしら?
[PR]
by flur266 | 2009-02-11 23:35

フルール・ワルール・タベール

昨日はお父ちゃんの腰痛がひどく、ゴッドマザー・ごママの接骨院へ駆け込んだ
治療の間、私とフルールはごまりさんが待つお家へ、久しぶりの再会。
こゆきママとこゆきちゃんも会いに来てくださった。
ごまり家にいるフルールの目は、キラキラしている。
きっと「お菓子の家」だと思っているに違いない。
キッチン周りにはたくさんのおやつ、庭にも落ちている(食べこぼし♡)
どうしてよそにいくとイタズラが過ぎるのか・・・調子に乗るフルール。
子供と同じ? 確かに私にも経験がある。。。
フード缶を開け、おやつを盗み食い、
あげくの果てにロールケーキの盗み食いまでやってのけた。
もう恥ずかしくなるほどの食いしん坊ぶり。
でも子は親の鏡・・・ 私もとっても食いしん坊なのだから・・・
娘のフリみて我がフリなおせ、ですね。

ゴッドハンドのお陰さまで、お父ちゃんの腰痛が良くなった。
そして私たちは・・・
やはり串カツに翻弄され、ごちそうになって家路についた。
満腹3人組には、この上なく幸せな日だった。
我がフリをなおすのは・・・明日から・・・
c0133516_22362185.jpg
↑ごまり家ではずっとこのスマイル♪

◆おひとつポチッと応援よろしく〜◆
人気ブログランキングへ
[PR]
by flur266 | 2009-02-06 23:13

写真のこと

c0133516_9512390.jpg
今日は、4回目の結婚記念日。これが私たちの結婚報告状。
どんな写真よりも好きな、想い出深い写真。
4年前、結婚式をする余裕のなかった私たちは何か記念に残るものをと思い、
山口県の瀬戸内に浮かぶ島で写真館を営んでいる一番仲良しの友人に
写真を撮ってもらえないかとお願いした。
大阪から移動することも予想していたので、工房で撮って欲しいと。
ラフなものでもかまわないと思っていた私たちとは裏腹に
とても立派なカメラにライトなど、大掛かりな全ての道具と愛犬を車に乗せて、
遠く島から大阪までご夫婦でやって来てくれた。
結婚した記念は、数枚の写真。

あの時の張りつめた空気、シャッター音、新鮮な気持ち、におい・・・
あの日の様々なもの全てを閉じ込めた写真。
年々その想い出は薄れることなく、むしろ強くなっているように感じる。
見れば見るほど心が熱くなるような、深い写真。

最近、フィルムで写真を撮り始めた。
フィルムの独特の良さを改めて実感した。
枚数には限りがある。ファインダーを覗いてもなかなかシャッターが押せない。
重い一押し。
やっとのことでシャッターを切っても、仕上がりがわかるのはまだ先。
宝箱を開けるような気持ちで仕上がった写真を開けると、
私の技術ではなんとか上手に撮れているものが数枚と、まだまだの写真たち。
でも不思議と見れば見るほどに愛着が湧いてくる、
一生懸命撮った写真だから、その時の気持ちがこもっている、
その時の他の風景まで思いださせてくれる。
ひとつひとつを閉じ込めていくのが写真であり、大切な記録なのだと思う。

私は今年、写真の主人と同い年になる。
29歳には、どんなものが見れるだろうか。
c0133516_9513859.jpg

[PR]
by flur266 | 2009-02-02 23:43 | 母のひとりごと